Sensus PolluStat® 熱エネルギーメーター

Overview Solutions Documentation & Tools
Overview

高精度流量センサにより、地区の暖房ステーションから個別のマンションの消費量の請求まで、幅広い用途に対応します

コンパクトなPolluStat超音波メーターは、冷暖房回路のエネルギー消費量を測定します。高精度流量センサにより、地区の暖房ステーションから個別のマンションの消費量の請求まで、幅広い用途に対応します。プログラム可能な画面を備えた大型の包括的なLCDを装備。

Product Features
  • スペースに制限のある場所に設置する場合の、約0.85mの接続ケーブルが付属した取り外し可能な計算機ユニット
  • 流量、出力、温度、および過去15ヶ月間のそれぞれの最大値の無線により保存、ならびにディスプレイを介した15の半月ごとの値の保存
  • さまざまな通信インターフェイスに対応するモジュール式のオンサイトソリューションにより、柔軟性が向上し、保存コストが削減されます
  • 「低温パイプ」(出口)への標準的な取り付けを、必要に応じて現場で「高温パイプ」(入口パイプ)取り付けに交換可能。ただし、消費電力の測定値が10kWh未満である必要あり
  • 独立した230Vまたは24V電源モジュールがあります
  • 任意の設置に対して、EN 1434準拠したクラス2のMID承認を提供(頭上方式もあり)
  • 流量センサの温度範囲は次のとおりです。
    • 加熱メーター15~90℃(15~130℃のバージョンもあり)
    • ハイブリッドメーター15~90℃(15~120℃のバージョンもあり)
    • 冷却メーター5~50℃
  • 光学データインターフェイス(M-Busプロトコル)を標準装備
  • 料金登録:2個の個別にカスタマイズ可能なレジスタ
  • 年間の締切日を自由に選択可能
  • 15件の毎月の値を無線機で取得
  • ディスプレイに15件の月ごとの値および15件の半月ごとの値を表示
  • 光インターフェイスまたはM-Busを介して、24件の毎月および半月ごとの値を表示
  • PT1000温度センサー:
    • 長さ45 mm/直径5.2 mm、ケーブル長1.5 m
    • 長さ50 mm、85 mmおよび100 mmの箇所にロックスリーブあり/直径6.0 mm、ケーブル長3 mです

リモート読み取りおよびデータ通信用の以下のモジュールはオプションとして利用でき、後付けが可能です

  • 無線M-Bus
  • 任意の読み取り頻度を持つEN 1434-3準拠のM-Busで、値は2分ごとに更新
  • リモートメーターパルス出力のある消費量メーター用の無線M-Busおよび3パルス入力
  • リモートメーターパルス出力のある消費量メーター用のEN-1434-3準拠のM-Busおよび3パルス入力
  • シングルおよびダブルパルス出力
  • Modbus(Q1/2021)IEC 61158に準拠

仕様

メーターの電子的なリモート読み取りおよびビルオートメーションシステムへの接続のために、PolluStatシリーズには一連のオプションモジュールが用意されており、工場取付け、またはいつでも後付けすることもできます。

無線Mバス(ラジオ周波数)

オープンメータリング標準(OMS)に準拠したウォークバイおよび固定読み取り用のワイヤレスM-Busインターフェイス。868 MHzの周波数で、S1、T1、C1の各モードを自由に選択可能。OMS 4.0.2では、暗号化モード5および7を選択可能。

M-Bus

EN13757に準拠した逆極性保護を備えた2線ケーブルを使用し、ケーブル接続データ読み取り。モニタリング、ビルオートメーション、または既存のM-Busネットワークへの接続に適しています。読み取り値の数に制限はありません。(データ更新レート120秒、外部電源動作2秒)

リモートメーターパルス

さまざまな測定装置に接続するための無電位パルス出力。

外部消費メーター用の3つの入力を備えたワイヤレスM-Bus(ラジオ周波数)です

このオプションを使用すると、最大3つの外部消費量メーター(電力メーター、低温メーター、温水メーターなど)を接続できます。リード接点またはオープンコレクタパルスを接続できます。パルス値は光学ヘッドを使用して適切なソフトウェアで調整できます。

外部消費メーター用の3つの入力を備えたM-Bus

このオプションを使用すると、最大3つの外部消費量メーター(電力メーター、低温メーター、温水メーターなど)を接続できます。リード接点またはオープンコレクタパルスを接続できます。パルス値は光学ヘッドを使用して適切なソフトウェアで調整できます。

 

Documentation & Tools

Documentation & Tools

Specification